IPC A-610F-JP 電子組立品の許容基準

IPC A-610F-JP 電子組立部品の許容基準 (Japanese Language)

IPC, Date of Publication: Jul 31, 2015, 424 Pages
US$234.00
IPC-A-610F-JP

IEC規格は、広く推奨されている電子組立品の国際的許容基準であるIPC-A-610を支持しょうとしております。

IPC-A-610は世界で最も多く利用されている電子組立における標準規格である。IPC-A-610Fは、詳細な供述を通じ、産業界で容認された電子組立品における技量条件をフルカラー写真やイラストで示し、受入や不良条件を評価しており、全ての企業における品質保証部門、品質管理部門や組立に携わる部門に於いて、必須となっている。今回の改版により、二つの新たなSMTターミネーションスタイルとスルーホールメッキの充填及びBGAボイド条件に変更がもたらされた。加えて、要求事項を除外することなく、理解度を高められるようより可能な限り全てにおいて簡単に読みやすく改編された。 フレックスアタッチメント、ボードインボード(子基板実装)、パートオンパート、鉛フリー及び錫鉛条件、スルーホールやSMT、クリーニング、マーキング、コーティングとラミネートにおける部品適合とはんだ付条件を主に含んでいる。 IPC-A-610は、全てのインスペクター(監査員)、作業者やトレーナーにとって非常に重要であり、とても有益である。リビジョンFは814枚もの写真とイラストによって許容条件を示しており、その内の86枚は新しく又は改訂されている。本ドキュメントは他業界で同意されたドキュメントで表現されている要求事項と同期されており、材料及び工程の標準を示したIPC J-STD-001と共に最も多く利用されている。424ページ。2014年7月発刊。翻訳2015年6月

予見 目次の pdf ファイル.

Date of Publication:
Jul 31, 2015
Number of Pages:
424 Pages
Type the characters you see in the picture above.